TEL:0745-72-1182

〒636-0003 奈良県北葛城郡王寺町久度2-3-1 リーベル王寺西館3F

地図はこちら
JR王寺駅直結

奈良・北葛城郡王寺町の歯科医院、ウエダデンタルクリニック

王寺駅のウエダデンタルクリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
QRコード

左のQRコード読み込んで頂くと、携帯電話からご覧頂けます。

院長ブログ歯科衛生士募集
◆ ブログ記事一覧
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1

ウエダデンタルクリニック通信2019年度3月号

2019-03-01 08:35:21

コメント(0)

歯っぴい 1月号

歯科衛生士の松谷です。
いよいよ平成最後の年になりましたね。皆様年末年始はどのようにお過ごしになられましたでしょうか?私の休みは大掃除からスタートし、餅つき、おせち作りとバタバタと始まりました。年が明けてからは、毎日のんびりと過ごしておりました。
今年も皆様のお口の健康を保つため、頑張って参りますので宜しくお願い致します。
さて、今回はCMなどでよく耳にする知覚過敏についてお話ししたいと思います。冷たいものを食べた時、歯がキーンとしみたことはありませんか?このように冷たいものや甘いものを食べた時や、歯ブラシが歯に触れた時に一時的に痛みを感じる状態のことを、知覚過敏といいます。歯の表面はエナメル質という物質で覆われていますが、このエナメル質は痛みを感じません。そのため歯の内側にある象牙質がむき出しになることで、痛みを感じることになります。その原因としては、噛み合わせの異常、歯周病の進行、加齢や誤った歯みがきなどが挙げられます。ご自身でできる予防としては、正しい歯みがきをすることです。歯ブラシは細かく動かし、力を入れず優しく磨きましょう。しかしどれだけ自分で手入れをしても、歯垢や歯石の付着をゼロにすることは難しいので、知覚過敏に限らず、歯周病などの予防のためにも定期健診を受けることをお勧めします。
新年むし歯のない健康な状態を維持できますように、院長はじめスタッフ一同努めてまいりますので、安心してご来院ください。まだまだ寒い日が続きますので、体調にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください。
 
 

 

2019-01-22 08:52:00

歯っぴい 12月号

 
皆様こんにちは、受付の村尾です。今年も早いもので残り1ヵ月となりましたが、皆様は今年どんな1年でしたでしょうか。私はこちらに勤め始めて今月で1年が経ちました。初めて医療の世界に来て毎日あっという間に過ぎていきました。スタッフの方や患者様に支えていただきながらここまで来れたと本当に感謝しています。まだまだご迷惑をかけることがあると思いますが、ひたむきに頑張りたいと思っていますので、今後もどうぞよろしくお願い致します。
さてこの時期になると心配なのがインフルエンザですね。インフルエンザのウイルスは例年11月~12月頃に流行が始まり、1月~3月にかけてピークを迎えるとされているようです。
冬になると突然流行りだすのはインフルエンザが最も活動しやすい環境が、気温20度以下、湿度20%前後、つまり暖房をいれた冬の乾燥した室内はピッタリだからだそうです。室内は適切な温度と湿度を保つことが大切なので、暖房が効いて暖かいとは思いますが、換気を適度に行うようにしましょう。正しい換気方法は、部屋の真ん中を風が通り抜けるように、対角にある窓同士を全開にすること。1~2時間に1回程度行うのが理想だそうです。
昨年は予防接種の供給が遅れ、10月から11月にかけて全国的にワクチンが不足する事態が起こりましたね。今年は供給量が需要を上回るとの予想がされているようですが、早くも予防接種の
予約受付を終了している病院も多数あります。私もまだ接種に行けていないので、早急に病院を探して接種に行きたいと思っています。予防接種の効果は、注射後2~3週で出てくるそうなので逆算して早めに受けるほうがおすすめです。
ウエダデンタルクリニックでは、皆様のお口の健康を維持できるよう院長をはじめスタッフ一同日々努めてまいりますのでよろしくお願い致します。来年もどうぞよろしくお願い致します。
 

2018-12-26 16:37:00

コメント(0)

歯っぴい 11月号



こんにちは。歯科衛生士の出口です。
風が冷たくなり、すこしずつ冬の訪れを感じる11月ですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。風邪など引かれませんよう、くれぐれもご自愛ください。
さて、11月といえば118日の「いい歯の日」があるということをご存知でしょうか。
いい歯の日は、国民の皆様に口腔保健の重要性について認識を深めていただくことを目的としています。
そして、「いつまでも美味しく、そして、楽しく 食事をとるために、口の中の健康を保っていただきたい」という願いを込めて、 厚生労働省と日本歯科医師会が平成元年より「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という8020運動を推進しています。
身体の健康を保ち、おいしく食べるには「歯と口の健康」は欠かすことはできません。しっかり噛むことで唾液が分泌され胃や腸での吸収がよくなります。20本以上の歯があればほとんどの食べ物を噛み砕くことができ、味を楽しみながら食べることができます。
噛む機能を保つためには、
歯応えのあるものをよく噛んで食べる毎日のセルフケアをきちんと行う抜けてしまった歯は放置せずに歯科医院で診てもらう歯科医院にて定期検診を受ける等が必要となります。
みなさんも118日(いい歯の日)をきっかけに、しっかり噛んで食べることや、より丁寧なセルフケアを心掛けてみてください。また抜けてしまった歯に関しましては、当院ではインプラント治療も行っておりますので、お気軽にご相談下さいね。
いつまでも自分の歯でしっかり噛んで、いきいきとした人生を送りましょう!
ウエダデンタルクリニックでは院長始めスタッフ一同、皆様の歯の健康維持のため、日々努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。





 

2018-11-21 13:04:13

ウエダデンタルクリニック通信2018年10月号

皆様こんにちは、助手の大汐です。日に日に秋も深まってまいりました。朝晩の気温の変化などから体調など崩されておりませんでしょうか。
これからの時期は風邪やインフルエンザ予防の習慣を身につけて早めに対策をとると良いですね。手洗い・うがいはもちろん、マスクを付つけるなどの基本的な方法、そして歯みがきをすることも大切な習慣の一つになります。
口腔内が清潔に保たれていないと歯周病の進行も早くなってしまいますが、その歯周病菌はインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくなる酵素(プロテアーゼやノイラミニダーゼ)を出します。また、歯周病菌由来の酵素は抗ウイルス薬で抑制できないため、口腔内を不潔にしておくとインフルエンザ感染を助長してしまいます。
口の中が清潔でないと細菌が増殖し、風邪はもちろん肺炎やインフルエンザなどの呼吸器感染症になりやすく、全身の病気の悪化にもつながります。
定期検診、歯周病検診、クリーニングにぜひお越しください。患者様お一人お一人に向けたブラッシングの方法や、必要な清掃用具等のアドバイスもさせて頂きますので、気になることがあれば気軽にご相談くださいませ。
 
ウエダデンタルクリニックでは、皆様のお口の健康を維持できるよう院長をはじめスタッフ一同日々努めてまいりますのでよろしくお願い致します。

 

2018-10-10 19:15:56

  • 件 (全件)
  • 1
pagetop